紀州みなべの里氷部の真相



今年から急にかき氷屋さんを始めたんですが、その経緯についてお話したいと思います。


2022年8月7日にOPENして早1カ月。

いきなりかき氷屋さんを始めて、しかも8月過ぎてから・・・時期が遅い!(笑)

だってかき氷屋さんをやろう!って思って2週間程度でOPENしたんですから(笑)


やるきっかけになったのが、奥様が手作り梅ジャムの完成からでした。

奥様「ええ梅ジャムできたやで」

私「ん?どれどれ?」

私「ん?めっちゃうまいやんけ!」

奥様「せやろ?」

私「なんか梅ジャム付けたらおいしいのないかなぁ?パンとか以外で?」

奥様「せや!かき氷にかけたらうまいんちゃう?」

私「それええん!家のかき氷機(おもちゃ)で作ってやってみようぜ!」

奥様・私「う・うまいやんけ」

このような流れで梅ジャムを使い、試行錯誤の末、甘さを足す為にみぞれをかけ、最後に練乳をかけて完成形までできた次第です。

「うめかき氷」の誕生です

それと、知人がかき氷屋さんをやっていて氷のかき方等教われたのが開店できた大きな要因です。

業務用かき氷機、容器、スプーン、氷蜜、氷、等

いざやろうとすると色々と揃えないとできないので、ここが結構決めるのに時間が掛かった・・

幸い紀州みなべの里には業務用の冷凍庫があるので、氷は富田の水の源泉に汲みに行き冷凍庫で凍らすって事で氷は解決!

かき氷もうめかき氷だけだと寂しいので、いちごシロップメロンシロップを置くことに。

あまり言ってないですが、いちごシロップとメロンシロップは中村商店さんのキャプテンシロップと従来のシロップと混ぜて使ってます。

あきらかに味が違います!いちごにしろメロンにしろ味に深みが出てます!



こんな感じでできたかき氷屋さん「紀州みなべの里 氷部」9月末ぐらいまではやってますので是非遊びにきてください。



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

※モバイルの方は、戻る場合、一旦TOPへお戻りください。